«前の日記(2006年12月17日) 最新 次の日記(2006年12月19日)» 編集

ema log


2006年12月18日 [長年日記]

_ [最近][映画] 気がついたら、秒速5センチメートル公式サイト の壁紙が充実していた。

いつも通り、foobar2000 でシャッフル再生してたら、「雲のむこう、約束の場所」がかかった。

連想して「秒速5センチメートル公式サイト」を見にいく。

ダウンロードできる壁紙が過去作品を含めて 22 枚に増えていた。

壁紙をヴェラシーラにしてみる。改めてみても、この雲いいなぁ。

ストーリーがどうでも良いぐらい。来春、絶対見に行きます。

デスクトップを整理した。さっきまで、散らかり放題で整理するモチベーションが無かったのだけど、一気に片付いた。

要するに捨てなきゃ片付かないってことだ。

こうなるとタスクバーが浮くなぁ。まぁ大半の時間は壁紙が見えないから良いか。

_ [Linux][Programming] 58B の片鱗が見えた

研究室で satoh と mat くんと 58B と戯れていた。

どうやら、ELF のヘッダ部分にエントリポイントを持ってきてファイルサイズを削減しているようだ。ヘッダの帳尻を合わせるために持ってきた命令を上手く転用して 'hell' の文字列を XOR で生み出していることが satoh によって発見された。

最初の4命令が ELF のマジックナンバー4バイトであることも satoh が気付いた。

あれ、俺何もしてないやwwネタふっただけだwww。ニーモニック表と Linkers & Loaders 片手にちゃんと解析してみようかな。ってかくだけかいてやらない予感。

直接の関連はないけど、Linux で動く極小 ELF 実行ファイルをつくる怒涛のチュートリアル (あるいは "Size Is Everything") [hyuki.com] という翻訳記事があるので、読んでみようと思う。「あとで読む」化していて読んでなかったよ。

References
Manpage of ELF
The smallest Linux ELF binary to print ’Hello world!’ [菊やんの雑記帳]
Linux で動く極小 ELF 実行ファイルをつくる怒涛のチュートリアル (あるいは "Size Is Everything") [hyuki.com]

_ [最近] 就職祝い、兼、研究室忘年会

新大宮のインド料理店へ。どこで食べても、ナンは素晴らしい。

チャイ、ナン、カレーのいずれも、こないだ行った、中崎町のスリランカ料理店のランチの方が美味しかったなー。

後、imatani さんには話したけど、何で、ナンがあるのに、ご飯が出てくるのかが謎です。それなら、ナンを増やして欲しいんだけど。もしかして、ご飯も巻いたりするのかなぁ。

ちなみに、ナンは

自然種(イーストを使わず、小麦などに含まれる野生酵母菌を自然発酵させた種)で発酵させた生地を、タンドゥールと呼ばれる窯の内壁に貼り付けて焼いたもの。精製した小麦粉を使う。

[ナン - Wikipediaより引用]

ってことなので、イースト菌ではない何かで発酵させているようです。

調べてみたけどよくわからないや。まぁ、自分で作ることはないだろうし、知らなくても良いかな。

References
チャイ [Wikipedia]
ナン [Wikipedia]
ケバブ [Wikipedia]