«前の日記(2006年06月22日) 最新 次の日記(2006年06月24日)» 編集

ema log


2006年06月23日 [長年日記]

_ [サッカー] 前半終了

FWが、「玉田・巻」ってでたときは、「ちょwwおまwww」と思ったのですが、最前線から巻・玉田がしつこくボールを追って、中盤からボールを奪うシーンが多く見受けられました。なかなか1対1で勝てないため、シュートに結びつかず、ブラジル側がどんどんシュートを打ち込んでくる展開に。ただ、原則2人以上で対応して、シュートコースを消しているのも手伝って、川口が長いのは止めてくれてました。

なんていうか、玉田はできる子だったんですね(笑。

ラストプレーで失点したのは勿体ない。置き去りにされちゃいましたね。クロアチア×オーストラリア も 1-1 で折り返したので、どのみち3点必要になるとはいえ。

ブラジルも良いプレーが多く、するするっとシュートに持ち込んできていて、観てて楽しい。個々のプレーの質が高く、前半のボール支配率は実に 38 対 62。シュートは 1/4 対 7/12。CK が 1 対 7。それでも、守れている印象を受けるし、攻撃も得点の期待が十分に伺える。

正直、君が代の辺りは意識飛んでいて最初5分見逃しましたが、それ以降は目がばっちり覚めてきました。1点差でいいから初勝利をものにして欲しいなぁ。

さすがに、後半「巻・玉田」の体力が続くとは思えないので、どのような交代を仕掛けてくるのか?ブラジルの攻撃をどこまで受け止められるのか?楽しみー。

_ [サッカー] 面白かったー

お互い、前二戦に比べて良いところが格段に表に出て、観ていて面白い試合でした。クロアチア、オーストラリア戦のブラジルは正直物足りなかったしなぁ。決勝トーナメントでも期待できそう。起きててよかったと思いました。

前半は割と2人で囲い込んで止めていたんですが、後半はまるっきりカウンターがらみや、個人の能力差でおいていかれた感が。個々のプレーの精度の差が積もり積もって大きな差になっているんでしょう。日本の精度の低さ、甘さといった部分がオーストラリア戦の3失点を生み、ブラジルに再三の攻撃を許したという印象です。日本以外の大概の国でもどうしようもないと思えるゴールもありましたが。

中盤から先に攻めあぐねることも多く、大きなサイドチェンジといったプレーが成功することもなく、なんだかなぁと思う場面も多かった。加地がもっと生きると思うんだけどなぁ。バカジとか言われてたのが嘘のようです。

3-1 になった以降のブラジルの戦い方は精度がないとできないし、ああいった戦い方をできるようにならないと駄目ですね。やっぱり、ゲームを支配するという表現がふさわしい。

最終的に0勝2敗1引き分け、2得点、7失点。最後、スッキリしました。

個人的に、明日はスイスとフランスに勝って欲しい。特にフランス。ジダンをもっと観たい。