«前の日記(2006年06月11日) 最新 次の日記(2006年06月14日)» 編集

ema log


2006年06月12日 [長年日記]

_ [サッカー] 日本×オーストラリア

ついに日本×オーストラリア戦です。くたばってますが、当然観ます。

零封されることはないはずなので、ビドゥガにどう対処するかがキーになるんでしょうか。

前半はオーストラリアが前評判どおりビドゥガを狙って、自陣からでも次々に蹴り込んできていた。ビドゥガの2本目は川口よくとめたと思う。

逆に、オーストラリアの守備は自陣内でのマンツーマンを基本に、ファールで覚悟で日本の攻撃のスピードを遅らせてきていた。完全に足狙って来てるような場面も少なくないし、審判も高原の遅延行為にカード出すくらいなら、中村へのファールに後1枚ぐらい出して欲しい。

後半、オーストラリアの運動量が落ちた時に、中村、中田が起点になってチャンスが増えるだろうから楽しみです。宮本のイエローと、柳沢が本調子には見えないのが心配材料。

_ [サッカー] もったいなさ過ぎる・・・

勝てる試合を負けてしまったとしか…。オーストラリアの思惑が最後の最後で結実してしまった(結実させてしまった)。終始、「中盤を止める」、「シンプルに蹴りこむ」、「相手陣内に押し込む」というオーストラリアの狙いだけが明確になり続け、日本の良い部分が出せなかった。それが敗因でしょう。かといって日本側に切れるカードも思いつかない辺り、監督の差が出てしまったのかもしれません。くそー、ヒディングめーーー。

徹底的に「中盤を」ファール覚悟で止めてきたオーストラリアの累積ファール数は22に上り、試合全体でイエローカードが7枚でるという荒れた展開に。決して誉められた戦術だとは思えませんが、結果は結果で、それを跳ね返せなかった日本が悪かったんでしょう。削られ続けたのが効かなかったとも思えません。

逆に、上手く1点をもらった日本が、最後まで守りきれるはずだった試合。もっと、オーストラリアゴールを脅かさないことには、どうしようも無かった。シュート6本、フリーキック0本で1点取ったことは驚異的です。全体的にずるずる後ろのめりになっていました。

1失点目は、相手スローインを生む守備もイマイチだったと思いますし、失点時には川口とDFの連携が崩れてしまいました。オーストラリアの狙い通りの得点だったのでは無いでしょうか。

2失点目を完全に宮本のチェックが遅れてフリーで打たせてしまったものでした。完全に日本守備陣のミスだと言えます。

3失点目は致し方がない部分もありますが、中盤で簡単にやられすぎたように思います。

クロアチア、ブラジル相手に連勝できるだけのポテンシャルを持っているチームだと思うので、後二戦なんとしても本戦出場を勝ち取って欲しい。

References
2006FIFAワールドカップ - 日本×オーストラリア詳細
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ KZ (2006年06月12日 13:58)

ライン下げすぎで怖いです宮本主将……