«前の日記(2006年06月08日) 最新 次の日記(2006年06月10日)» 編集

ema log


2006年06月09日 [長年日記]

_ [最近] 頭の体操解答

寝起きにちょうど良さそうだったのでやってみた。問題は

【問題】ある直線上に線分AとBがあります。線分Aの両端の座標はそれぞれA0とA1(ただしA0<A1)、線分Bの端の座標はそれぞれB0とB1(ただしB0<B1)とします。そのとき、線分Aと線分Bが一部でも重なる(一点だけで接している場合も重なっているとみなす)ための条件を出来るだけ簡単な式で書いてください。式は純粋な数式でも良いし、プログラム言語の一つを使ってもOK。

[Life is beautiful: ミネラルウォーターの謎、謎解き編より引用]

A. (A0 <= B1) && (B0 <= A1)

どうも、絵にしないと駄目なタチなので、頭の中で重なるケースを場合分けしてペイントでごそごそ図に起こす。場合分けというか、A, B を脳内にイメージして、A を動かしていっただけなのだが。 実際には同一線分上にあるのだが、重なるとわかりにくいのでずらしてある。

それぞれの条件1番目は図から明らか。2番目は、脳内で A を動かして、B を追い越すと必要なことがわかる。A と B の文字を変えても答えが変わらないし、たぶん、これで OK。

図ははしょったが、A が B、B が A を覆っていても条件が変わらない。

p.s. ただ、これ、エレガントじゃないよなぁ。最初の脳内の場合分けをミスると答えを間違える。 どうも、まず数式ではなく、先にイメージで考える傾向がある。工学系としては一次元ベクトルとして、解くべきなのだろうけど…。

_ [game] ICO 終わった

する予定。攻略サイト片手ならそこまで時間もかからないでしょうし。終わったというか、終わらせたというか…気力が足りず、最後は攻略サイト観ちゃいました。二周目の特典(台詞が解読できるようになるらしい)があるようなので、もう一度クリアする予定。

アクションがあまり得意でない私でもアクション要素では所々詰まる程度で、「進み方の謎解き」がメインで、ちょうど良い案配だったように思いました。難所でも概ね2,3回のトライアルで抜けていった感じです。

以前にも書きましたが、「少女の手を引っ張って進む」という特性が上手く生かされていました。たとえば、穴を飛び越えるというマリオ以来(それ以前からも)伝統のアクションでも、後から少女が飛ぶことで緊張感が演出されています。カメラの移動に若干困らせられる箇所もありしましたが、そこまで不満と言うほどでもなく。

なかなか良作でした。

_ [Web Service][Perl] Plagger インストール中

Vine Linux 3.2 だと libxml2 のバージョンが古くて、perl の XML::LibXML モジュールのインストールでこけていました。

かといって libxml2 の公式サイトから src.rpm を落として、ビルドしたら、

        libiconv.so.2   は libxml2-2.6.26-1 に必要とされています

なんて怒られる始末。ldconfig -p | grep libiconv.so.2 したら見つかりますし、tar 玉から libiconv を入れても RPM 側が見つけれないのが原因かと。仕方がないので、RPM によるパッケージ管理をあきらめ、tar 玉から libxml2-2.6.26-1 を入れるとあっさり CPAN での XML::LibXML のインストールが成功。

XML::RSSEncode::Detect だけ、手動で入れた。残りは cpan> test Plagger したりして、エラーメッセージを頼りに入れている。うまくいくだろうか。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ TrackBack (2007年10月17日 03:35)

http://talkf.com/phentermine/<br>phentermine 37 5mg<br>phentermine 37 5mg<br>news