«前の日記(2006年06月03日) 最新 次の日記(2006年06月05日)» 編集

ema log


2006年06月04日 [長年日記]

_ [最近] トルコアイス

日本橋に CPRM 対応の DVD-R を買いに行く。裏通りの BEST DO! を見に行くとなんか、変なものがあることに気が付いた。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

トルコ!?

トルコ料理屋ができたらしく、露天でトルコアイスとケバブを売ってました。ケバブ500円も普通においしそうだったのですが、まぁ、ここは、なんとなく、トルコアイス300円に。あ、売ってる人はトルコの人っぽい人ですが、日本語で話しかけられました。

はみ出してるよ!!溶けるよ!!量半分で良いよ!!

とか誰につっこめば良いのかわからず、一瞬困ってしまいましたが、味は普通にあっさり目のバニラで、確かに伸びました。「うめぇ!!」という驚きの味ではなかったのですが、ケバブも食べてみたいところ。

_ [最近] 天六の GEO

明日まで、DVD / ビデオ 10 円、CD 100 円レンタルとかやってきたので、制限の5枚ずつまで借りてきた。CD はさらに、会員カードを作った際の割引券が使えるとかで、一枚50円に。ただ、レジの人が研修生でなれてないらしく、アジカンのCDをよくわからないCDと間違えてくるわ、割引券1枚適応し忘れるわ、それを指摘するとなぜか全体で100円安くなっちゃったとか(指摘せず)時間がかかりました。まぁ、混んでた方が影響大だったわけですが。

トルコアイスはインパクトがあったので、珍しくテキストサイト風に仕上げてみました。つまんなかったらごめん。サッカー観てこよっと。

_ [サッカー] 総評とかめんどくさいお、よくやるお

全体としてはリザーブ組は同じ試合でプレーする回数が絶対的に少ない分、噛み合わない感満載だった気がします。パスでも受け手のイメージと出し手のイメージが一致せずに、あああああ、という場面も特に後半に多く見られた気がします。

ドイツ戦に続いての駒野と中田浩二が良かったのが収穫でしょうか。駒野のオーバーラップを生かし切れずに、真ん中でばっかり細々していた時間帯が勿体なかったように思います。ゴール前でしっかり DF の人数を集められて、困ってることも多かった気が。パスメインのサッカーのはずなのに、受け手がいなくて前線で孤立しがちってのは素人目にもまずいと思います。

その辺はマルタのうまさなんでしょう。本当に日本らしい「ドイツ戦の1点目」の様な得点シーンを期待できる相手の戦術では無かったように思います。ほんと、クロアチア戦とかどうするんでしょう?高原・俊介頼み?(ドイツ戦の2点目はすごく良かった!)。ミドルシュートもなかなか枠にいかないしなぁ。

後は、個別な話。

本大会でリードを守りたいときは「サントス→中田浩二」を積極的にやって欲しい(笑。サントスは攻撃力が魅力だけど、守備面はやっぱり怖いよ。おいおい、そこでドリブルで突っかけて取られたら、あああああ、みたいな場面も少なくない。

DF 陣も完全に FW にシュートチャンスを与えたのに、向こうがシュートできなかったりと、すくわれた感が否めませんが・・・まぁ、中盤で対処できてる分には大丈夫なんじゃないでしょうか。

攻撃だと、ヒデと大黒が噛み合えばかなりのポテンシャルを発揮しそうな片鱗が見えます。なんか、相性よさそうですよね。ヒデの視野の広さ、パスの鋭さを生かす大黒の飛び出し。残念なことに、まだ、お互いのイメージがあってなさそうな場面が多かったのですが。FW で一番、化ける可能性が残ってるのはここなんじゃないでしょうか。

小野も出だしはいまいちフィットしてなかったけど、徐々に良くなっていった感がありました。出てきてすぐは、ボールを取られたり、なんかイマイチだなぁと思いました。正直、ボールをキープできる選手なので、入るとゲームが落ち着くかなぁと思ってたんです。だんだん、左サイドで中田浩二と動いたり良い場面が増えてきて良かったなぁと思った次第です。

後は、選手同士で調整して、オーストラリア戦では修正されて良くなってるだろうし、楽しみです。