«前の日記(2006年01月08日) 最新 次の日記(2006年01月12日)» 編集

ema log


2006年01月09日 [長年日記]

_ [サッカー] よもや野洲か!

全国高校サッカー選手権決勝。試合が始まる前は7割、いや8割5分は鹿実が勝つと踏んでいた。だもんで後半の途中からしか見てなかった(笑

鹿実は王道的なスタイル。最前線からプレスをかけて、次々と数的優位を作り相手をどんどん追い込む。 攻撃時には2列目の人数が多くセカンドボールを次々に拾い波状攻撃を仕掛け、守備時には2人・3人でボールを持った選手を囲んでしまう。しかも、好守の切り替えが速く、その運動量が80分間衰えない。「攻撃は最大の防御」を体現した非常に攻撃的なサッカーで、予選から全試合無失点だったのも頷けるスタイル。

一方の野洲はFW青木に代表されるように個人技があり、パスと1対1の勝負でチャンスを生み出すサッカー。 イメージとしては現在の日本代表に近いものを感じる。素早いパスワークで相手DFの隙を作る、また、1対1で勝負を仕掛けてシュートまで持ち込むといった高校サッカーでは珍しいスタイル。ただし、若干攻撃で時間がかかることも多く鹿実に対しては数で押さえ込まれるのではないかと予想していた。事実、見ている限り野洲のチャンスはカウンター中心で単発的なものが多かったように思う。それでも決定機を何度か作っていたのはすごい。2人3人に囲まれてもボールをキープし、キープのみならずドリブルで突破してシュートを放ってしまう。それに対して鹿実は数をかけて体で止めていた。

見ている内の大半は野洲陣内で進行し、鹿実がペナルティエリア付近まで再三にわたり攻め込み続けた。にもかかわらず、野洲が鹿実の波状攻撃を1点に押さえ込み、カウンターからの素早いパス回しからチャンスを生み出し決勝点をあげた。最後のゴールシーンはとにかく速かった!裏への動きと速さでフリーにして一気にゴール。しびれました。

高校サッカーも年々レベルが上がってきているように思う。最初から見とけば良かったなぁ・・・

面白かった!!!

_ [最近] ブックマーク抜粋(面白いの)2005/12/26 - 2006/01/09

タモリフィクション [cubic9.com]
タモリにまつわるあれこれ (via 圏外からのひとこと(2006-01-09))
○OoドレミノテレビoO○ [nhk.or.jp]
2和音までのループシーケンサ。言葉で書くと面白くない。さわると面白い。
iRider [100shiki.com]
IEコンポーネントなタブ(?)ブラウザ。なでるインターフェース(by 百式)が直感的で応答も速くて良い!!
ちょwww堀江が物故割れたwwwwwwwwww
悔しいけどおもしれぇ。92はぴったりすぎ
すなめ地獄 (HELL OF SAND)
面白い!不思議世界。すなめ世界(WORLD OF SAND) の方が軽いかも。
姉は一級建築士 〜イケない構造設計〜 恋愛AVGゲーム 公式サイト
タイトルを見て吹き出してしまった時点で俺の負け。
TSSCP まとめwiki
MML が熱い(笑。MML をクリップボードにコピーすると再生するプレーヤ TSSCP が一部で大流行のようです。本体DLページ -> TSS Clipborad Player