«前の日(11-24) 最新 次の日(11-26)» 追記

ema log


2006年11月25日 この日を編集

_ [最近] オルセー美術館展

見てきました。美術館も良いですね。詳しい人が一緒に行ってくれたらいろいろ聞けるのになぁという思いに駆られました。

今日は、主に satoh と二人で、極めて、美術関係者に怒られそうな見方で見て回っていました。

たとえば、「この絵の椅子の光の当たり方ってどう考えてもおかしいよね?」とか。さらにそれに対して、「書いてる間に時間が経過したんじゃないか?」とか、「椅子だけ、後から付け加えたんじゃないか?」とか好き勝手な想像をしてました。

もっと、ひどいことを口走っていましたが、ここには書かないでおきます。録音しときたかったなぁ。

目の保養になりました。

_ [Web Service] Test your musical skills in 6 minutes!

連続して再生される2つの音声を聞き比べて「同一か、あるいは、異なっているか」を計36回にわたって回答する Flash。正解率と全体での順位が結果で出ます。私は、たしか、77.8% で平均よりちょっと上でした。

ちょっと、長くてだれます。でも、「間違えた問題がどれか」とかも詳細に結果でわかるので、面白いです。私は、中盤でやる気が落ちたのかがくんと間違ってました。ってのは、言い過ぎで、本気で難しかったからです。

References
あなたの音痴度合いは世界で何番目? [p o p * p o p]
本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ TrackBack [http://talkf.com/fioricet/ cheapest fioricet cheapest fior..]

_ TrackBack [http://www.mfbb.net/?mforum=ephedrinebuy ephedrine ephedri..]

_ TrackBack [http://talkf.com/cialisbuy/ taking viagra with cialis taki..]


2007年11月25日 Ruby勉強会は12/5で この日を編集

_ [最近][Seminar] Ruby勉強会は12/5で

お絵かきに時間がかかりそうなのと,タスクが詰まっているので,次回勉強会は 12/5(水)ということでお願いします.学校の課題類とかぶってるのでもう一週延びるおそれがあります.三連休で全く資料作れてないので今週は無理っす.

問題は,お絵かきにどれぐらい気合い入れるかだなぁ.挙動を勘違いしてなければいいのだけど.後,どれぐらいはっちゃけるかか.内容的には,今までで一番面白いというか,オリジナリティの出るものにできそうな予感.実力不足が露呈するだけかもしれませんがw

_ [最近] 久しぶりにブックマーク抽出

http://www.diigo.com/user/emaame

すーとらたーすーふぃーあーー

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1613775

はまる。。。

折れ日記

http://d.hatena.ne.jp/tactom

折り紙。芸術的。そして、数学的。

クレヨン

http://www.kloonigames.com/blog/games/crayon

クレヨン。ぴ、たごら、すいっち。

変わった標識画像集

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1600688

挫折禁止。早速採用。

Consolas Font Pack

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=22e69ae4-7e40-4807-8a86-b3d36fab68d3&displaylang=en

可読性高し。デザイン良し。

日本初!mini名刺/pocketer(ポケッター)

http://pocketer.jp/

作ってみようかな。


2008年11月25日 この日を編集

_ [最近]キーボードの謎

Weekly "Keyboard World"(週刊「鍵盤世界」)」が面白い。

QWERTYの由来?とか、

でも、本当のところは実際誰にも分かりません。なにしろ、張本人の Sholes 氏は、QWERTY 配列誕生についての記録を一つも残さなかったのですから。そのせいで、誰も「QWERTY は意図的に打ちにくくされた配列」説の出典を書けないわけなのですが、こうしてこの謎の配列は、謎のまま今日まで使われ続けているのです。

[Weekly "Keyboard World"(週刊「鍵盤世界」) - Back number #2より引用]

Caps Lock の歴史とか

現在のコンピュータのキーボードとは異なり、タイプライタのキーボードというのは非常にキーが重いものでした。大文字が多い文書を作成するときなど、Shift キーを押し続けなくてはならない小指の負担は相当なものだったことだと思います。

そこで、機械的に Shift キーを引っかけてしまい、Shift キーが押しっぱなしになるような仕組みが考え出されました。その仕組みを実現するために生まれた専用のキーこそ、Shift Lock キーだったのです。Shift Lock キーを一回押すと Shift キーが機械的にロックされ、押されたままの状態になります。また、もう一回押すと、Shift キーのロックが解除されます。

しかし、少し考えてみれば分かることなのですが、Shift Lock はアルファベットのみならず、数字や記号にまでその効果を及ぼしてしまいます。機械的に Shift キーを入れっぱなしにするという機構上仕方がないことなのですが、少々不便であることは否めません。そこで、Shift Lock キーの効果をアルファベットのみに限定した「Caps Lock キー」が考え出された、というわけです。ちなみに、「caps」とは「capitals」の省略形で、「capitals」とは 「大文字」のことですから、「capitals lock」とは「大文字ロック」といった意味になりますね。

[Weekly "Keyboard World"(週刊「鍵盤世界」) - Back number #7より引用]

Pause,SysRq,Break といった謎のキー群の解説やら

101 キーボードをつぶさに眺めていると、「これだけキーを詰め込んでおけば、どんなユーザからも文句は出ないだろう」、或いは 「必要かどうか判断出来ないキーはは、とりあえず全部入れとこう」などという思想が見え隠れします。そんな妥協の産物的なキーや、一見して何のことやらよく分からないキーについて、2 回にわけでその由来や現状を見てみることに致しましょう。

[Weekly "Keyboard World"(週刊「鍵盤世界」) - Back number #10より引用]

いやはや、歴史的経緯とは面白いものです。

せっかくマウスが使える環境になったんですし、「マウス操作で簡単」とかわけのわからないことを言う輩が多い業界なんですから。何も Home や End などという、ぱっと見ただけでは何のことやら分からないキーを用意しなくてもいいはずです。大多数のユーザ、特に Windows が普及してからぱそこんを使い始めたユーザは、この手のキーは使わずマウスで操作してるんですし。

まぁ、「ボクちゃん、この手のキーがついてるキーボードじゃないとやだやだ」 という人がいるからこの手のキーも残っているのでしょうが、この手のキーがない、もっとすっきりしたキーボードが出回ってもいいと思うですけどね。特に、小さなノート PC のキーボードにまで無理矢理この手のキーを詰め込んだ挙げ句、

[Weekly "Keyboard World"(週刊「鍵盤世界」) - Back number #11より引用]

いやいや、WindowsならHOMEやENDは使うだろう。とか思ってしまう僕なのでした。

あ、あと

世間一般に対して望む事は、

 * キーボードが変わると作業効率が落ちる事があるってことを、少しは認識して下さいよ。

 * キーボードくらいユーザに選択させてよ。

ということです。特に最近はパソコンを買うとデフォルトでキーボードがついてくるんですけど、あれは絶対に間違ってます。やはりキーボードは自分で選べるような環境になくてはいけないと思うですが… 皆様はどのようにお感じでしょうか?

[Weekly "Keyboard World"(週刊「鍵盤世界」) - Back number #3より引用]

というのには全くもって同感ですw(もちろん、ついてこないとそれはそれで困るので、変える必要は無いとは思いますが)