«前の日(11-12) 最新 次の日(11-14)» 追記

ema log


2006年11月13日 この日を編集

_ [最近] 印刷して読むのは非常に有効

印刷して読むのは非常に有効だったのですが、後からブックマークするのが面倒ですね。

ブックマーク → あとで読むに登録/印刷

っていう手順にしないとな。いらないならブックマークを消せばいいだろうし。その確率は低いはずだ。


2007年11月13日 この日を編集

_ [最近][Seminar] 明日、勝手な勉強会「ベクタグラフィックス入門」をやります

題目
ベクタグラフィックス入門 -Inkscape の使い方-
時間
15:00〜
場所
僕のいる研究室
発表者
ema
概要
Bitmap vs Vector、SVG、Inkscape の使い方、ブーリアン操作、トレース

結局、前日告知で申し訳ないです。明日こそやります。ご自由にご参加ください。

発表スライド

OOo 形式
PDF 形式

IPA フォント を使用しています。

ネット中継

当日、http://ustream.tv/channel/emaameseminar にて、ネット中継する予定です。ただ、音声が不安。

ひとまずアップしました:http://www.nicovideo.jp/watch/sm1531131

_ [最近] それにしてもニコニコはコメント率高いなぁ

YouTube とは雲泥の違い。しかも、タイミングを指定できるのが便利。画質も上。

一方の YouTube は投稿者の場合、再生せずにコメントだけ見たりできるのが便利。

後、某授業は「Who gets iPhone in Japan」にしようかな。と思いついたのでメモ。

後々、「ハートで感じる英文法」面白かったです。QTK さんどうもです。

_ [最近][Web Service][Greasemonkey] 「g」で本文を取得するlivedoor Reader用Greasemonkeyスクリプト が凄く良い

全文配信されないフィードの本文を取得するグリモン。すばらしい。を追加して使っています。たとえば、404 Blog Not Found とか。


2009年11月13日 この日を編集

_ [最近] golang.org の Language Design FAQ を読みかけた

気晴らしに,辞書を引き引き,読んでいたら対訳してみようという気になったものの,2/3 ぐらいで力尽きてしまい,一番面白そうなところ(Concurrency)まで進めなかった.

せっかくなので,アップしておきます → Language Design FAQ @ golang.org の適当訳

言語仕様も追いかけながらじゃないと理解の追いつかない部分があるなぁ.


2015年11月13日 この日を編集

_ [game]ごいたのシミュレーション修正版

全ての数値を自分が積もる確率に変更しました。シミュレーション回数は1000万回です。(11/16追記)ごいたのシミュレーション決定版に更新しました。5し5しについては、ゆっくり考えて理論値を算出してみます。

シミュレーション結果

名称シミュ理論値
五し3.70%3.69%≒1/27.1
六し0.46%0.46%≒1/217
七し0.0255%0.0251%≒1/3,984
八し0.000430%0.000428%≒1/233,740
だまだま5.65%5.65%≒1/17.7
三香3.73%3.74%≒1/26.8
四香0.191%0.195%≒1/514

理論値の算出方法

基本的にこの考え方で合っているはずです。例えば8しを算出すると

10C8 * (32-10)C(8-8) / 32C8 = 10C8 * 22C0 / 32C8 = 0.000428%

また、5しを算出すると

10C5 * (32-10)C(8-5) / 32C8 = 10C5 * 22C3 / 32C8 = 3.6896%

ソースコード

class SHI  ; def to_s; "し"; end; def to_i; 0x11; end; end
class GON  ; def to_s; "香"; end; def to_i; 0x21; end; end
class GIN  ; def to_s; "金"; end; def to_i; 0x31; end; end
class KIN  ; def to_s; "銀"; end; def to_i; 0x32; end; end
class BAKKO; def to_s; "馬"; end; def to_i; 0x33; end; end
class KAKU ; def to_s; "角"; end; def to_i; 0x41; end; end
class HI   ; def to_s; "飛"; end; def to_i; 0x42; end; end
class OU   ; def to_s; "王"; end; def to_i; 0x51; end; end

TIMES = 10000000

def main
	yama = Array.new(10, SHI.new)
	yama.concat Array.new( 4, GON.new)
	yama.concat Array.new( 4, GIN.new)
	yama.concat Array.new( 4, KIN.new)
	yama.concat Array.new( 4, BAKKO.new)
	yama.concat Array.new( 2, KAKU.new)
	yama.concat Array.new( 2, HI.new)
	yama.concat Array.new( 2, OU.new)

	goshi = rokushi = nanashi = hasshi = sanngon = yonngon = 0

	damadama = 0

	TIMES.times do
		yama.shuffle!
		hand1 = yama[ 0,8]
		hand2 = yama[ 8,8]
		hand3 = yama[16,8]
		hand4 = yama[24,8]

		 ou_count = hand1.count{|o|o.class == OU}
		shi_count = hand1.count{|o|o.class == SHI}
		gon_count = hand1.count{|o|o.class == GON}

		damadama += 1 if ou_count == 2

		case shi_count
		when 5 then goshi   += 1
		when 6 then rokushi += 1
		when 7 then nanashi += 1
		when 8 then hasshi  += 1
		end

		case gon_count
		when 3 then sanngon += 1
		when 4 then yonngon += 1
		end
	end

	puts "だまだま:#{damadama}…#{damadama*100.0/TIMES} %"
	puts "五し:#{goshi  }…#{goshi  *100.0/TIMES} %"
	puts "六し:#{rokushi}…#{rokushi*100.0/TIMES} %"
	puts "七し:#{nanashi}…#{nanashi*100.0/TIMES} %"
	puts "八し:#{hasshi }…#{hasshi *100.0/TIMES} %"
 	puts "三香:#{sanngon}…#{sanngon*100.0/TIMES} %"
	puts "四香:#{yonngon}…#{yonngon*100.0/TIMES} %"
end

main