«前の日(05-24) 最新 次の日(05-26)» 追記

ema log


2006年05月25日 この日を編集

_ [最近][Programming] 夕方まで寝てた

夕方まで寝てました OTL。今日は余計に行きたかったのだけど・・・

後、やっぱり、目視はミスが出ます。私の場合、多いだけなのかもしれませんが。

どうにかして、機械的にチェックする仕組みを作らないとダメですねぇ(その機械的にチェックするデータを間違える可能性もあるわけですが、2回同じミスがあるわ・・・続きそうだ orz)。

_ [Web Service] HATENA-TUBE

「近寄るまい、近寄るまい」と思っていても見てしまう、YouTube。

サービス名からして、「近寄るまい、近寄るまい」と思っていたのですが、引っかかってくるので誘惑に負けました。

説明文を読む限り「はてブ」から YouTube の映像を選び出してきて、サムネイルで並べるサービスみたです。「はてなTUBEとか作ってみた」や「HATENA-TUBEの技術的な話」を読んでも抽出方法は書かれていません。

とか良いですね。


2007年05月25日 この日を編集

_ [最近][Web Service] Amazon アソシエイトの支払いが初めて届きました。

本サイト開設以来、ときおり貼っていたアサマシリンクの累積の支払いが届きました。

1万円に届くとかそういうレベルじゃないため、受け取ったことがなかったのですが、どうもシステムが変わったのでギフト券で届けられたようです。

専門書を買う足しにいたします。ありがとうございました。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ Hiroshi [銀行振り込みで5000ちょいもらったことありますよ♪ギフト券に指定したら1500円で支払なのは前からでわ?]

_ ema [そうなんかな。写真はれたらいいやって感じだったので(システム全然わかってません)、いざもらってみると不思議な感じでし..]

_ TrackBack [http://bizzyblogz.com/tramadolonline11 Cheapest tramadol. ..]


2008年05月25日 この日を編集

_ [最近]DC斑鳩・PS2怒首領蜂大往生

だれかに貸しっぱなしになっていると思うのですが、心当たりのある方は ema まで。

斑鳩は Amazon の新品プレミア価格(DC版, GC版) に吹いた。こういうのは無くなればいいのに。

名作なのは間違いないですが。

_ [最近]リアルアーケードPro3 届いた

(普段以上に)すっごくマニアックな内容です。プロトタイプ云々とは良い勝負だと思うんだけど。

早速、「4方向に改造するぜ!」と、裏の鉄板をはがしたところ、中からナットを外して、天板を外さないといけない様子。うーむ。流石にレンチは買いに行かないとないな。

リアルアーケードProを分解する」に書かれている通り、T型ボックスレンチを買いに行こうと思います。

さて、テスト勉強、テスト勉強。


2015年05月25日 ワンナイト人狼とそのヴァリアント この日を編集

_ [game] ワンナイト人狼【専用スリーブ入】

まずはオリジナルのルールをざっくりと。以下もご参照下さい。

写真とレビュー参考用に Amazon に張ってますが、本日現在品切れのようで、通販だと公式ショップすごろくやから買わないと3倍の値段がついてしまっているようです…

概要

人数+2枚のカードを使うゲームです。人狼と人間サイドに分かれて戦います。 後述する一晩を過ごした後に、議論を行い、投票の結果、多数決で人狼と思われる人を指名し、人狼を当てれば人間サイドの勝利。外させることが出来れば人狼の勝利になります

役職

村人
人間サイド。何も能力を持ちません
占い師
人間サイド。夜の最初に一人を選んでカードを覗くか、あるいは、選ばれなかった二枚のカードを両方覗きます。
怪盗
人間サイド。夜の最後に誰かと自分のカードを入れ替えられます。入れ替えなくても良いです。
人狼
人狼サイド。夜の二番目に目を開け、人狼同士目配せ出来ます。

ゲームの流れ

ゲーム開始時にランダムにカードを選び役職が割り振ります。不使用の二枚は中央に伏せます。各プレーヤは自分の開始時の役職を知ることが出来ます。3~6人で遊べて、人数が減った分だけ村人をゲームから除きます。

各人が自分の役職を確認したら、中央にカードを寄せ、司会者が「夜が来たので各自、目を閉じて、机を指で叩き音を立てて下さい」と指示を出します。音を出すのは各役職のカード操作の音を隠すためで、音楽を鳴らしておくと尚良いですし、タオルを引いておくと良いようです。音は音楽で代用しても構いませんが、叩いた方が楽しいです。叩くのは利き手でない手にしておいて、役職の際に行動しやすくするのがオススメです。

夜では三種の役職持ちが10秒の行動時間を与えられます。全員で10秒を数え、それまでに、該当の役職の人は目を開け役職の能力を行使します(当然、自分の出す音は出し続けなければいけません)。行動順は「占い師→人狼→怪盗」です。司会者はこの順番に従って役職名を声に出し、10秒数える指示を出します。全員が10秒を宣言したら次の役職に遷ります。

全役職が行動を終えると、司会者が「夜が明けました、皆さん目を開けて、○○まで議論をお願いします」と宣言します。後は各自、自由に発言して人間サイド、人狼サイドが勝利を目指します。重要な点は発言で嘘をつける事です。ただの村人なのに役職だと嘘をついて人狼をつり出したり、占い師から人狼だと指摘された人はその発言を否定するような嘘をつく必要があります。

最後に規定の時間が来るか、司会者判断によって議論が打ち切られます。そして、一斉に人狼だと思うプレーヤを各自が指さし、投票します。投票の結果、多数決で人狼と思われる人を指名し、見事人狼を当てれば人間サイドの勝利。外させることが出来れば人狼の勝利になります(同数に割れた場合はどちらかに人狼が含まれれば人間サイドの勝利)。稀に未使用カードが二枚とも人狼で、全員が人間サイドの場合があります。どうもオフィシャルでは「全員の投票がばらければ全員の勝ち」のようなのですが、うまくばらけさせるには合意形成が必要なため、人狼による平和村騙りの難易度が上がるデメリットがありますが、私は「中央を指名した人数が多数で、中央が両方人狼なら人間の勝ち」というルールに改変しています。

_ [game]ヴァリアント:狂人

5人でプレイしていたのですが、その場合、人間と人狼の比率が「3:2 or 4:1 or 5:0」となるため、怪盗がカードを入れ替えなければ、人間側が有利になりやすく、怪盗が人狼を引きたくないが為に行動しにくいので(何もしなければ多数勢力にとどまれるため)、情報が不足しがちになりました。また、同一役職を複数人がカミングアウトすると、そのどちらかが人狼である可能性が非常に高く、議論が収束しがちな点もありました。

元々は、怪盗が人狼を引いた場合に、夜が明けた後には自分の役職を確認できないため、人狼ではなくなっているにも関わらず人狼として行動する事が議論を悩ましくするゲームデザインだと予想できるため、怪盗が基本的に動かなくなると興がそがれます。

そこで、人狼経験者のIさんが提案したのが次のヴァリアントルールです。

怪盗がカードを開いた際に人狼だった場合、カードの入れ替えは行わず、以降人狼サイドとして行動する狂人として振る舞う」というように怪盗の能力を修正します。それ以外は元のままです。狂人化した怪盗の勝利条件は投票で人狼が指名されないことです。狂人が指名されても、狂人を含む人狼サイドの勝ちです。

この改変によって、人間と人狼の比率は「3:2 or 4:1 or 5:0 or 2:3」となるため、

  • 人狼サイドが多数勢力になるケースが生まれやすい
  • 同一役職を複数人がカミングアウトしたとしても狂人の可能性があるため、簡単に議論が収束しない
  • その結果、嘘をつく「騙り」に幅が出る
  • 占い師が、中央を占うことで役職構成を確定させる行動の価値が高くなる

ことで、ゲーム性が非常に高まりました。恐らく、4人の場合でも楽しめるヴァリアントだと思います。